日光川河川防災ステーション


日光川河川防災ステーションは、日光川と目比川の合流地点(愛西市諸桑町地内)に、愛知県において建設されたもので、平成27年1月から供用開始となっています。
この施設は、水害が発生した場合の緊急復旧活動及び水防活動に必要となる資機材を備蓄し、河川災害が発生した場合の被害軽減と速やかな緊急復旧活動、さらには、洪水を未然に防ぐため、水防活動を行うための拠点として整備されたものです。
管理区分は、水防センター(水防団待機室兼会議室に水防倉庫が併設された建物)は、海部地区水防事務組合が管理し、水防センター以外の施設は愛知県が管理しています。
アクセスはこちら

拡大図

名古屋方面からのアクセス
●県道79号あま愛西線を西進し、古瀬南橋の手前を左折し進入路(堤防道路)にお入りください。
●ただし、常時は車止めがしてあり、利用許可を受けていない方の進入はできませんのでご注意願います。

日光川河川水防センター


平常時における水防センターは、自主防災組織等の地域住民の方にも、水防・防災活動の学習、訓練の場として活用していただくことができます。この場合の利用申請は、利用される方がお住まいの各市町村の防災担当課で受け付けています。
申請書提出先市町村窓口一覧表
利用時の注意事項
この施設は、河川管理及び水防活動の拠点として整備されたもので、地域住民の方が利用される場合には、水防、防災を目的としたものに限って利用していただくことができます。
利用される場合の手続きは、下記の①利用手続きのフローに沿ってお願いし、②管理運営に関する規則を遵守して利用していただくことになります。